人気ブログランキング |

リーダーシップ

リーダーシップ_f0198201_9504458.jpg

後藤新平。
明治~大正時代の政治家。
名古屋にもゆかりのある
強いリーダーシップを持つ男。

関東大震災後の復興時には
帝都復興院総裁を務め、
豪腕を発揮した人物である。

当時、関東大震災は
10万人以上の犠牲者を出し、
東京を一瞬にして灰燼とさせた大災害、
その復興のプロセスは、
世界的に見ても
類例がないと言われているほど整然と、
しかもスピーディーに行われた。
そのときの中心的人物が
後藤新平である。

その復興にあたり、
教訓に富むのは、
後藤がすぐに明確な方針を打ち出したこと。
常にぶれることなく
「あるべき日本の姿」
というイメージを貫き通したこと。

後藤は地震発生の翌日、
内務大臣として入閣し、
彼はただちに机に向かって、
その日のうちに「帝都復興根本策」を書き上げたそうだ。
「復旧」ではなく
「復興」を掲げ、
単に震災以前の姿に戻すのではなく、
新しい日本のモデルになるようなものを提唱した。
その復興根本策の基盤の上に
現在の東京の姿がある。

知れば知るほど、
その決断力、人脈、スピード、リーダーシップ・・・
どれをとってもそのパワーに驚く。

このところ
あらゆる場面で感じる。
あの人も、この人も、
後藤新平のような人であったらと・・

今の日本に、政治に、まちに、
すべての場面において
求められている人物像とは、
あるべき姿を鮮明に打ち出し、
壮大なビジョンを掲げ、
迅速な行動力と、
組織をひとつに束ね、
ブルドーザーのように
力強く前進する
統率力のあるリーダーではないかと。

いつの世も、
どんな組織にも、
問われるのはトップの力量だ。

すべての答えは、自ずと結果に出る。。。
by cover-all | 2011-04-25 09:58 | 雑感 | Comments(0)

想う事、感じるままの走り書き


by cover-all
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る