人気ブログランキング |

ハチドリのひとしずく

  森が燃えていました
  森の生き物たちはわれ先にと逃げていきました
  でもクリキンディという名のハチドリだけは行ったり来たり
  口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます
  動物たちはそれを見て
  「そんなことをしていったい何になるんだ」 と笑います
  クリキンディはこう答えました

  「私は、私にできることをしているだけ」


ご紹介したこの短い物語には大きなメッセージが込められています。
クリキンディはハチドリという小さな体ながら大きな勇気をもっているように感じられます。
そして他の動物たちは臆病者で、自分さえよければいいといった卑怯者のように感じられます。
でも、動物たちが火事を消そうともせずに逃げ出してしまった本当の理由は何だったのでしょうか・・?

大きな体で力持ちのクマは幼い子グマを守るために避難したのかもしれません。
足の速いジャガーは後ろ足を使って火に砂をかけることに気づかなかっただけかもしれません。
雨を呼ぶことの出来る”雨ふり鳥”は自分たちの降らせる雨が火を消すことができる事を知らなかったのかもしれません。

クリキンディは伝えてくれているのです。
他の人を非難したり、怒りや惜しみや妬みに身を任せる暇があったら
自分の出来ること、自分にも出来ることを淡々とやっていこうよと。

クリキンディは伝えてくれているのです。
私たちはあまりに大きな問題や困難や力に取り巻かれてしまう時、
それを考えるだけで気が遠くなってしまったり
あきらめや無力感に心を支配されてしまいますが、
どんな困難な中にいても私たち一人一人には「出来ること」が必ずあるんだよと。

クリキンディは教えてくれているのでしょう。
あの燃えていた森はこの世の中を覆っている闇の事かもしれないと、
戦争、飢餓、貧困、差別そして環境破壊・・・この世の中は大変な問題でいっぱいです。

でももっと大きな問題は、これらの事に対して
「自分に問題を解決する力なんて無い」 とか
「そんな事をして何になるんだろう」 と
大切な事柄や行いに目をつぶってしまうことです。

私たち一人一人はちいさなハチドリの力に過ぎないかもしれませんが、
この無力感やあきらめを吹き払い、しっかりと目を開き問題と向き合い、
「わたしにできること」 について考え、行動し、
それらを積み重ねてゆくことができるとしたら
燃えている森の「火」を消す力にだってなれるかもしれません。

さて、物語の中のあの森はその後どうなったのでしょう?
燃え尽きてなくなってしまったのでしょうか?
それとも・・・

さぁ この物語の続きはあなた自身が描いてください。


上記文章は、構造医学研究財団のレポートより抜粋

さて、この一年、
自分はどのように過ごしてきたのだろうか・・
そして新たに迎える年をどのように過ごしたいのか・・
ハチドリのひとしずくのように「わたしにできること」を
淡々と、黙々と、愚痴も文句も言わずに行動することができたらと
自らに言い聞かせる年の瀬でございます。

そして今年も、出来もしないことを宣言し暮れて行く・・(笑)

COVER ALL は、
本日31日、15時仕事納め。
今年一年のご愛顧、誠にありがとうございました。
来年も相変わりませずお引き立てを賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
末筆ながら皆々様の 来る年のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

どうぞよい年をお迎えくださいませ。

                       COVER ALL  店主
Commented by やま at 2015-01-01 19:29 x
 旧年中はありがとうございました 
Commented by COVER ALL at 2015-01-02 18:29 x
こちらこそありがとうございました。
本年も宜しくお願い致します。
Commented by やま at 2015-01-02 20:12 x
 今年もお願いします
by cover-all | 2014-12-31 14:06 | ご紹介 | Comments(3)

想う事、感じるままの走り書き


by cover-all
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る