人気ブログランキング |

2011年 03月 31日 ( 1 )

知る権利

  『私達には、いくつもの選択肢があったのに、
   それなのに自分達の事ばかり考えていた・・』


このところ、このフレーズがエンドレスに
頭の中でリピートされている。

いま、
暴れ馬の暴走原発を
消防、自衛隊、関係技術者の皆さんが、
まさに命懸けでコントロールしようと、
日夜、過酷な現場で戦っている。
私達は感謝しなければいけない。
褒めたたえなければいけない。
その現場で奮闘している
彼らに何の罪もないからだ。

許しがたい罪人とは、
机上でアゴをシャクり、
原発の安全神話を唱えた
自分達の事しか考えない、
東電、官僚、政治家など、
原子力発電にかかわる
歴代のあらゆる幹部達なのだ。

もちろん、
電気は必要なのだが、
原発は、もう絶対いらない!
世界中がそう思っているに違いない。
今一度、
いくつもの選択肢から
すべての人の事を考えて
今後のエネルギー源を考えたい。

  『原子力安全不安院で働く原子力安全保身員は、
   今日も原子力を安全に日本国民から守っている・・』


先日、私の師匠が
皮肉たっぷりにつぶやいた
この言葉が、
いまのすべてを物語っている。

正直、安全な場所で記者会見する彼らの
顔も見たくない心境である。
できればあなた達も
防護服を着て現場から生中継して欲しい。
我が身を危険に投じ、
いまも頑張っている現場のナマの声を
ダイレクトに聞かせてほしい。
パニックをも覚悟の上で、
これ、相当ヤバイ!」みたいな・・
そのほうが住民各々、
今後の身の振りかたも
迅速に判断できるというもの。

これこそが、
国民の知る権利だと思っている。
この事態、
この期に及んで
言葉をオブラートに包むのはやめてほしい!

いずれにせよ、
過酷な長期戦の様相である。
廃炉にするにしても、
何年も時間がかかるらしい・・。
by cover-all | 2011-03-31 14:45 | 雑感 | Comments(0)

想う事、感じるままの走り書き


by cover-all
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る